トップページ4

レスポンシブウェブデザインとは?

近年はパソコンよりもスマホやタブレット端末でインターネットを利用する方が増えてきました。当然ですがパソコンに比べてスマホやタブレット端末は画面のサイズが小さいです。また、パソコンのモニターは横長であることが多いのに対してスマホやタブレットは縦長で利用する方が多いですね。

スマホやタブレット端末に対応していないホームページを閲覧するとものすごく文字が小さく表示されて読みづらいケースが時々あります。それを解決する方法の一つが「レスポンシブウェブデザイン」です。レスポンシブウェブデザインは閲覧する端末の画面サイズ(画面の幅)に合わせて自動的に表示方法を切り替える仕組みのデザインです。

レスポンシブウェブデザインのメリット

  • スマホやタブレット、小さな画面でも閲覧しやすい。
  • スマホ用ページを別に作成する必要がなく、管理がしやすい。
  • Googleも推奨していて、検索エンジンにも有利。
  • URLが一つなのでSNSなどでの共有がしやすい。

レスポンシブデザイン事例

0532-74-5099ホームページ制作のお申し込みはこちらメールでお問い合わせこのページのトップへ