はじめての方へ

数あるホームページ制作会社のウェブサイトの中から「店長.jp」にアクセスしていただきありがとうございます。現在、お店のホームページをはじめて制作する、もしくはリニューアルするにあたり、どの業者がいいのかお悩みのことと思います。

様々なホームページ制作&運営の料金体系

ホームページ制作&運営の料金ホームページ制作会社によってによって制作料金も、料金形態、運営形態も様々です。

会社やお店に
「ホームページ作りますよ~」
「初期費用は全く必要ないです!!」
なんていう営業電話がかかってくることも珍しくないでしょう。

個人事業主、中小企業経営者、中小規模の店舗経営者の方にとってはどれがよいのか見当もつかないと思います。簡単に整理してみましょう。

ホームページ制作料金比較

プラン①(初期費用0円、月額費用20,000円、5年契約という料金体系)
最初に費用がかからないのはうれしいですね。しかし気をつけなくてはいけません。1年間で24万円、5年間で120万円とかなり高額になってしまいます。

プラン②(初期費用20万円、月額費用0円という料金体系)
最初に費用はかかりますが月額費用がかからないのはうれしいですね。しかし、ドメインやサーバーの費用は必ずかかってきます。ある程度信頼のおけるのサーバーであれば月額2,000円程度です。サーバーにトラブルがあったときのサーバー会社との対応も自分でやらなくてはなりません。ホームページの更新も必要です。更新を依頼すれば当然費用がかかります。5年間で支払う費用は32万円。ただし更新作業を依頼すればそれに応じて費用が発生します。

プラン③(初期費用20万円、月額6,000円という料金体系)
初期費用も月額費用もかかりますがサーバーの管理の心配もありません。更新したいときのサポート体制もあるため安心です。5年間で支払う費用は56万円

プラン④(「店長.jp」なら初期費用0円、月額3,980円という料金体系)
「店長.jp」では飲食店やクリニック、事務所および小規模な事業所、個人事業主のホームページを格安にて提供するサービスです。制作ページ数は5ページまでと限定されますが、月々の携帯電話代よりも安い料金設定です。ホームページというものがどれくらい効果があるのかわからないという方向けのプランとなっています。独自ドメイン、サーバー、ブログ等ホームページ運営に必要なものはすべてコミコミとなっています。5年間で支払う費用は24万円。ブログをしっかり運営することで、十分な効果を期待できるホームページ制作運営プランです。これでうまくいき、さらにホームページを充実させたいと思ったらまた新たに制作すると良いでしょう。逆を言えば、小規模の事業所の方でこの程度のホームページをしっかり運営できないのであればホームページの運用に向いていないと言えます。

店長.jpからのアドバイス
一概にどれがよいとはいえません。「今はお金ないけど毎月2万円5年間払い続ける自信がある」という方は①を、ある程度のホームページ作成に知識のある方は②を選ぶのもよいでしょう。しかしながら、一般的に言って③がホームページ制作の料金体系としては最も安心して依頼でき、日々のお仕事に集中できると思います。④の「店長.jp」は費用は極力かけないで、まずはホームページを運営してみるという方には最適です。はじめてのホームページの場合はまず④ではじめて、2,3年ホームページを運営してみてその後、自分の会社、お店にあったものをしっかりと費用をかけて作り上げていくと良いでしょう。

スマートフォンサイトは企業やお店のホームページには必須

インターネット利用端末の推移

2010年にはごく少数であったスマートフォンユーザーは2012年、携帯電話利用者の半数近くがスマートフォン利用者となり、それが2016年では実に7割以上の人がスマートフォン利用者となりました。そして、スマートフォンユーザーのほとんどが外出先でのインターネットを利用しています。

スマートフォンを利用「この辺でランチのおいしそうなとこあるかな?」
「2次会どこにする?」
「この辺で○○売ってるとこないかな?」
「この辺で○○できるところないかな?」
など、ふと思い立ってスマートフォンで検索します。

実際、このページのアクセス解析を見ても半数以上がスマートフォンでアクセスしてきていますし、飲食店のホームページ等では7割以上がスマートフォンでのアクセスです。パソコン用のホームページでもスマートフォンで見ることはできますがピンチアウトしないと読むことはできません。面倒なので多くの場合戻ってしまいます。

これからのホームページはスマートフォンに対応していることは必須といえます。

店長.jpからのアドバイス
スマートフォンに対応していないホームページは今後ますます不利になっていくでしょう。例えば、検索サイトGoogleでは、スマホユーザーが検索してきた場合に「スマホ対応サイトを優位に表示する」と発表しています。スマホで検索するとわかりますが検索結果に表示されるサイトがスマートフォンに対応している場合は「スマホ対応」と表示されます。

ポータルサイトに対抗するためには独自のホームページは必須

飲食店で言えば「ぐるなび」「食べログ」。美容室なら「楽天ビューティ」「ビューティーナビ」。歯医者さんなら「歯科タウン」エクステリア工事なら「リフォームガーデンクラブ」。ペットショップなら「Dog Luck」のように検索すると同業店舗を丸ごと紹介するポータルサイトはどのようなジャンルでもあります。

ポータルサイトこれらのポータルサイトはたいていの場合広告費で運営されています。つまり、同じ地域で同じ業種を比較する際により多くの広告費を払ってくれたお店の露出度を上げる傾向にあります。

誰かがあなたのお店の名前で検索したとします。
そのときにあるポータルサイトが検索上位に表示されその人はそのポータルサイトにアクセスしたとします。
その人は広告費をたくさん払って露出度の高い同業他店舗に興味を持ち、そのお店に行ってしまう。
なんてことになります。

もし、お店のオフィシャルサイトがあれば少なくともそのポータルサイトでたくさんの広告費を払っている同業他店舗にお客さんを取られてしまうのを防止できます。

ホームページは公開後が最も重要

現在のようにインターネット環境が普及していると、ほとんどの人たちが常に何かあるとインターネットで検索します。私の両親も数年前までは「インターネットなんて…」と言っていましたが、私の使用していたiPadをあげるとすぐインターネットで検索するようになりました。小旅行の際の宿、お店、飲食店、病院の診察時間、営業時間の確認など。なくてはならない道具になっています。

そのように検索してアクセスされたときに「情報が古い」「情報が不正確」というのはお店の信頼を失うものです。定期的な更新、常に最新の情報に保つことを怠ってはいけません。「店長.jp」では中小規模店舗の経営者、店長の方が大きな負担なく効果的なホームページを運営するためのお手伝いをさせていただいています。

0532-74-5099ホームページ制作のお申し込みはこちらメールでお問い合わせこのページのトップへ