グルメサイトとの比較

グルメサイトインターネットには様々なグルメサイトがあります。

このほか、地域、料理別グルメサイトなど上げればキリがありません。Googleなどの検索エンジンで忘年会や歓送迎会の場所を検索してもこれらグルメサイトのスポンサーリンクがずらりと並んでいます。これらグルメサイトと自分のお店のホームページを持つところの違いはどんなところにあるのでしょう?

グルメサイトを活用するいいところ

グルメサイトを活用するよいところは何と言ってもその露出度の高さです。飲食に関わるキーワードを検索すればマズ間違いなくその地域のグルメサイトが上位に表示されるかもしくはスポンサーサイトに表示されます。ですから、そのグルメサイトに広告費をたくさん払えばそのグルメサイトで上位に表示してくれます。また、何といても取り組みやすい。無料のプランを設定しているところが多いので「とりあえずはじめる」にはもってこいなのです。さらに費用さえ払えばクーポン発行、予約などの機能もついてきます。

グルメサイトのちょっと困ってしまうところ

結局のところ、たくさん費用を払ったところがたくさん表示上位にされる

お金お店側が自分のお店を登録して、そこにメニューや営業時間、宴会プランなどの情報を書き込んでいくグルメサイトですが、地域や料理のジャンルで登録しても結局上位の方に表示されているのは○○プランで広告費をある程度払っているところばかり表示される傾向にあります。

そのグルメサイトの中で自分のお店も上位に表示させようと思ったら広告費を払うしかありません。

一杯無料などのクーポンはあまり意味が無い気がする

一杯無料のクーポングルメサイトでよくある新規顧客獲得の手法です。しかしこれだけインターネットでの情報があふれている昨今、一杯無料のクーポンは来店動機であることは少ないです。他のグルメサイトでのそのお店の評判など口コミを確認し、そういえば別のグルメサイトでクーポンがあったと思い出しそのグルメサイトでクーポンを得ているだけです。来店の動機は別の口コミサイトであり、、グルメサイトで発行しているクーポンは店側にとって何の利益もなくなります。また、そのようなお客さんはリピーターになることは少なく、次から次へ様々なお店に行きそこでもまたクーポンを使っています。

あるグルメサイトでのうちの店の客単価が異様に高い

客単価が異様に高いお店の評判を投稿することによって成り立っている口コミサイトによくあることですが、たまたまその口コミサイトに書き込んだ方が、お店の料理にも置いてあるお酒にもすごく満足し、酒豪であった場合、一人10,000円以上使うかもしれません。その人はそのお店にとても満足し、☆5つで評価をし、使ったお金を10,000~15,000円のところにチェックをいれたとします。でもそのお店はコースの料理だけなら6,000円程度のお店。評価をした人にまったく悪気はないのですが、その評価を見たほかの人は「いくら美味しくてもちょっと高い!」と感じてしまいます。

他のお店との差別化が難しい

他のお店との差別化が難しいグルメサイトの場合他の店との違いといえば写真、料金、どれだけ割り引いてくれるか?というところでしか差別化が出来ません。ユーザー側から見ても結局のところ店選びの基準というのは写真の見た目、料金、席数といったところにならざるをえません。それならフリーペーパーとなんら変わりません。新しい情報、店主の想いを伝えられるというインターネットの有用性をまったく活用していません。本来インターネットでお店のアピールする場合、自分のお店がどれだけお客様に美味しいものを食べて頂こうと考えているかをアピールする場であるべきなのです。

お客さんの数が増えても単価が下がる

単価が下がるこれはグルメサイトを活用し始めた飲食店オーナーの方がよく言われます。そりゃそうです。無料ドリンククーポンを発行したり、10%OFFクーポンを発行すれば、そうなるのは当たり前のことです。アルバイトをたくさん雇っているチェーン店ならその負担をアルバイトや従業員の仕事量やセントラルキッチンの効率化などで利益に結びつけられるかもしれません。しかし、個人のお店や単一店舗のお店では、ただ忙しくなって売上が伸びても利益は減少したなんてことになりかねません。

お店の常連さんが減った気がする

常連さんが減ったグルメサイトに限らず、フリーペーパーなどにも言えることですが、ドリンク無料クーポン券や割引クーポンを発行すれば、ある程度それを使うことを目的として来店数が増えます。新規のお客さんが増え、お店は忙しくなります。しかしそのクーポンを使って来店する新規のお客さんの多くは次は別の店にその店のクーポンを持って出かけます。リピーターにはあまりなってくれません。それどころか、そのような一度限りの新規のお客さんが増えることで、サービス、質の低下、店が混んでいてこれまでの常連さんが店に入れない。ということにつながります。これまでの常連さんは「最近あの店雰囲気変わっちゃったよね。」と足が遠のいていきます。

お店独自のホームページを持っていたらどうなる?

ホームページでアピール現在飲食店で独自のホームページを持っているお店は非常に少ないです。忙しいから、よくわからないから、グルメサイトがあるからと理由は様々でしょう。しかしこれらを活用することとお店独自のホームページを持つことはまったく異なります。

  • 本日のランチを10時ごろに一人前作って、スマホで撮影し、すぐその写真とアピール文をホームページ上で紹介。
  • 今日、生きのいいヒラメが手に入ったので、ホームページでアピールし、美味しいところを食べてもらう。
  • 今日は貸切の宴会が入っているので、来店しようと思っている人は是非21時以降にとお知らせする。
  • 季節メニューを新しくしたことをホームページでアピールする。
  • 美味しい地酒が、限定で手に入ったことをアピールする

そんなことができるのはお店独自のホームページならではです。しかも割引券やクーポン券を発行する必要などありません。せいぜいポイントカードです。

自分のお店のホームページを持てば仕事は増えます。写真を撮ったり、更新したり。忙しくなるかもしれませんが、確実にお客さんにアピールできる手段です。クーポンを発行したり割引券を発行して客単価を下げて忙しくなるよりもずっと魅力的なアピール方法であると思います。

0532-74-5099ホームページ制作のお申し込みはこちらメールでお問い合わせこのページのトップへ