こうするとホームページは高い確率で失敗する

ホームページは高い確率で失敗するホームページを制作会社に依頼しようと思っても、個人事業主や中小企業経営者の方は「ウェブの知識もない」「専任の人材もない」「まとまった予算もない」と、とにかくもう何にもないわけです。

どこから手をつけたらいいのかわからないし、関連する本を読んでもチンプンカンプン、ウェブで調べても意味が分からない…でもやっぱり「ホームページは欲しい…」

というような方が陥りやすい「ワナ」について解説してみましょう。

「ホームページ制作にこんな風に取り組むとかなりの高確率で失敗しますよ」というお話です。

「Googleで1位になれるホームページ作りますよ」なんて言う営業電話

  • 「”〇〇 ××”のキーワードで検索1位にします。」
  • 「制作費は0円で月々2万円で!!すべておまかせください。」
  • 「お客様の業種に特化したホームページ制作会社です。」

営業電話だいたいこんな内容の電話で突然コンタクトしてきます。営業電話は本当に多いようです。傾向としては「飲食店なら飲食店ばかり」「クリニックならクリニックばかり」業種を絞って電話をかけてくるようです。電話以外にもFAXでの営業も同様です。

そして多くの場合…というか、このような営業電話をかけてくるホームぺージ制作会社はまず間違いなく割高で質が悪いです。しかも、「初期費用0円&月々2万円で5年契約」というようなプランを提案してきます。お店の場合日々の売り上げがあり、常にある程度の現金が手元にある場合が多いので、「2万円ならいいかな~」とか思ってしまう方も多いのですが…高すぎです。5年間で120万円も払わなくてはいけないのです。

パンフレット持った営業マンがやってきた

パンフレット持った営業マンこちらも電話と同じで特定の業種にターゲットを絞って営業に回ることが多いようです。カッコいい制作事例がきれいに印刷されたパンフレットをもってやってきます。料金体系も同じように「初期費用0円&月々2万円で5年契約」みたいな感じです。やはり高いです。

大抵の場合、営業マンはウェブ制作の事について詳しく知りません。営業されるお店の方もウェブ制作の事は知らないので問題ありません。

よくわからないもの同士が話すと、技術的なことや方法についての話はほとんどなく「根拠はないけど集客できるホームページ」を提案してくれます。

業界紙でいつも紹介されているから安心でしょ

業界紙でいつも紹介特定の業界、業者向けの業界紙って結構ありますね。飲食業であれば「日経レストラン」、美容業界であれば、「美容経済新聞」。歯科クリニックであれば「アポロニア21」なんて言うのもあったりします。そのような業界紙で紹介されたり、広告を出していたりするところならとても安心できそうです。

でもよく考えてみてください。業界紙に広告を出していることと、その業界のホームページを制作するのが得意としているかどうかは全く別の問題です。業界の事に詳しいだけで、ウェブ制作についてはあんまり知らなかったりするかもしれません。

一括見積サイトで良さそうな業者を選ぶ

一括見積サイトで良さそうな業者を選ぶインターネットで検索すると実に多くの一括見積サイトがヒットします。どのサイトも「業界トップクラス」「優良企業を厳選」「優良企業をご提案」なんてキャッチコピーであふれています。良い業者が見つかりそうですが、大切なのは見積金額ではなく、どんなサイトを作ってくれるのか?です。

良さそうな業者が良いサイトを制作してくれるとは限らないのです。そしてちょっと気になるのは複数の一括見積サイトで同じご利用企業が表示されていたりする。これは一体どういうことなのだろう?

これらの一括見積サイトは「見積り無料」をうたっています。でもこれらのサイトの運営会社も収益を上げなくてはいけません。それはどこから?と言えばホームページ制作会社です。

紹介料を取られるとなれば、ホームページ制作会社の制作料金も当然割高となります。

ホームページ制作にかかる費用以外の経費が多すぎ

ホームページ制作にかかる費用は基本的には人件費がその多くを占めます。オフィスの家賃や光熱費、通信費、その他の経費もありますがやはり人件費が最も大きいでしょう。

上の事例はそれ以外の経費が大きすぎます。つまり、出来上がってくるホームページは割高となる可能性が高くなります。それなりの企業、団体であれば良いですが、個人事業主や中小企業経営者の方にとっては重要な問題です。

特に、営業マンが来たり、営業電話による月々2万円の5年契約というような制作会社には注意が必要です。

0532-74-5099ホームページ制作のお申し込みはこちらメールでお問い合わせこのページのトップへ